unicol

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

#RTされた回数に分けた絵のメイキング晒す 

メイキング晒し回です。


長いので みたいひとは続きを




この絵で~メイキンします。
誕生日のお祝い用に描いた絵です。



7RTでしたので7段階に分けます。

1線画(下書き/構図)
2塗り(ベタ/描き込み)
3調子/風合いをつける
4加工1(色調補正/明度・コントラスト補正)
5要素の追加
6加工2(ぼかし/メリハリ)
7フォントの挿入

線から風合い、色調補正あたりまで、基本の絵作りはSAIで(1~5)
ぼかし等の加工と、SAIにないレイヤーの合成効果をPhotoshopで(6)
文字のレイアウトをIllustratorで(7)行います。




それではレッツメイキン。








1.線画(下書き/構図)/Si


線画です。
1.jpg
(クリックで拡大)


厚塗りするときはもっとザックリ描いてその線を影に利用しながら崩していったりします。
が 今回はベタ塗りが主体なので綺麗めに描きました。
基本的にいつも線画はペンで描きます。
1-2.jpg







2.塗り(ベタ/描き込み)/Si


まずはベタ塗りです。
2.jpg
(クリックで拡大)


背景を白にするイメージを塗りながら固めていったので
彩度と明度は低めに塗ってます。
ぼくの場合加工の段階で色を整えてくので、それも頭にいれつつ。


人物を描いた時点でやっぱり顔に目がいくので、
目と口、鼻には別の塗りを加えました。
2-1.jpg


やはり目力は重要ですね。







3.調子/風合いをつける /Si


ベタだけでは明快ですが味気ないのが難点ですよね、それがいいところでもあるんですけど。
風合いをつけて軽い明暗差や質感をつけます。

実はこの絵はじめは厚塗りにしようと思ってたんです(線画つくるの面倒で・・・)
結局ベタがいいって判断したんですけど・・・
・・・そんなわけで、その名残のレイヤーがあったので
3.jpg



これを塗りレイヤーにクリッピングします
3-1.jpg
・・・くま、はじめは青くしようと思ってたの・・・。



色相を変換します。
ベタ塗りは色味が少なくなりがちなので、あえて逆の色相や元の色と離れた色を被せたり 自分はよくします。
3-2.jpg
しかしわりと感覚です。



レイヤー効果(合成モード)ですが、ここまでは通常レイヤー、ここで明暗に変更します。
影、もしくは明かりをこのレイヤーでつくるので、まあ・・・感覚で選びます。
3-3.jpg



効果が強すぎるので調節。
結局6%とかになるんですけど、あるのとないのとでは結構違います。
3-4.jpg


ついでに言うとこのレイヤーに画材効果でざらついた質感もつけてます。



さらにその上にもう一枚テクスチャをクリッピング、効果はオーバーレイ。
墨とバケツで昔作ったもの。マチエール趣味がこういうところで役立つ。
3-5.jpg



ここまでこんな感じ。
3-6.jpg
(クリックで拡大)



レイヤー構造はこんな感じ。
3-7.jpg
上から線画、テクスチャ、質感、ベタ塗りとなってる。







4.加工1(色調補正/明度・コントラスト補正)/Si


ここからたのしい加工のお時間です。
新しいレイヤーを作って適当な色をバケツで一面塗ります。
それをさっきまでのレイヤーセットにクリッピング。
4.jpg

全体の空気の色をこれで決めるので 持っていきたい絵の方向に合った色を選びます。
今回はプレゼントなので、明るいかんじで~。
4-1.jpg
(クリックで拡大)





ここまでは多分結構誰でもやってるんじゃないかと思うんですけれど、
他の方とぼくとで 違うとこがある可能性としては、次の加工ですかね・・・。



ここまでの完成形をいったん「表示レイヤーを結合」で結合します。
ひとつのレイヤーになるので、そのレイヤーの全体を選択してCtrl+Cでコピー。
コピーしたら貼り付けないで、戻ります!レイヤーを結合する前まで!
そして、そこにさっきコピーしたデータをペースト(Ctrl+V)します。
何をしてるかというと、
今まで描いてきたデータ を、結合した状態のものを、別にもう一個つくってるのです。


レイヤー構造
4-2.jpg



このレイヤーの合成モードを「カラー2値化」に変更します。
4-3.jpg
こうなると思います。
4-4.jpg
真っ黒。笑



%の値を変えると、描画されてる情報に合わせて色がこう・・・バキっと原色化されます
説明下手ですけどいじったらわかると思います。
4-5.jpg



機械制御で目立つところをデフォルメしたり、省いてくれるので
ぼくはこれを利用して絵の中で目立たせたいところ、飛ばしたいところに合うように数値を決めてます。
今回は、薔薇は青く、顔はテクスチャ、明暗が目立ちにくいので、そこを強調できる数値を選びました。



このデフォルメ状態をそのままオーバーレイで被せたい ので、
2値化レイヤーの下に、新規レイヤーをつくって、2値化レイヤーを下のレイヤーと結合します。
そうすると、2値化の描画情報が、通常レイヤー100%として使えるようになります。
4-6.jpg
(クリックで拡大)




そしたら~ オーバーレイに変換します。
そのままの色だと黄色が強いです。
4-7.jpg



今黄色いところを影色にしたいのと、色味も違う色を被せたいので、色調補正をかけます。
4-8.jpg




この・・・バーをいじりながら色が変わってくのを見てるときが・・・
デジタル絵を描く工程内で一番好きです・・・。


このままだと寒色が強すぎるのと、2値化したざらざら感が強すぎるので、
少し前にコピーした、塗りの完成データを結合したレイヤーをもう一度ペーストします。
また結合とか段階踏まなくても、Ctrl+Vで出せると思います。
それを通常レイヤーのまま、全体構造の一番上にのせておいて、透明度だけを落とします。
4-9.jpg
(クリックで拡大)

これで、2値化の色も見せつつ、いままでの塗りや加工も活かします。



4-10.jpg







5.要素の追加/Si


色味がもっとほしいのと、人物だけなのも寂しいので、要素を適当に追加。
これはやったりやらなかったり・・・
背景がもっとにぎやかだといらない仕事だし、絵によって判断変えるところです。

ここまででこんな。
5.jpg
(クリックで拡大)



これで自分の絵作りはほとんど完成ですね・・・
あとは絵を見やすく整えていく加工です。
次からの加工はフォトショップに移行するので、ここまでのデータをpsdファイルで書き出します。







6.加工2(ぼかし/メリハリ)/Ps


SAIになくてPsにある機能を使うためだけにPs移行するんですよね、
なので主に ぼかし(ガウス)と、トーンカーブを使いまくります。


あまり説明することもないですね・・・。

ざっと行った処理を説明すると、
三角形とか四角形のパーツの色調や 位置/前後関係の整理と、レイヤーの合成モードの変更
構成要素でしかないものはちょっと素っ気なく見えるので、
ぼかしと透明効果を色々と操作して、前後や空間を作ろうとしました。
パーツ自体を摺りガラス的なものと、透明なフィルターのようなものと質感を想定して効果を選んでいきます。
6_20131014031255bbf.jpg
ぼかし面と元々の面を並べるだけで質感の違いで見えてくるのとか
自分が面白がってるだけなんですけど。

加工段階は遊び要素が多くて楽しいですね。


絵としてはここまでで完成させてしまいます。
.jpg書き出しします。







7.フォントの挿入/Ai


あとはフォントを入れるだけなので、フォトショップでもできるんですが、
イラストレーターの方が個人的に文字を扱うのはやりやすいので。

Aiを起動して、キャンパスにリンクファイルで完成した.jpgを貼ったります。

後はフォント選んで、いい感じのところに文字をレイアウト。
絵全体の構図としてメインを上に大きくなるように配置したので、
画面下の方に安定した形があるといいかなあとかそういう発想で
字はまとめてすっきり真ん中下ら辺に置こう~って感じです。

7.jpg


絵描きはじめるときに文字の配置も決めておくのが絶対にいいのですけど!
三角形とかの配置を色々といじりながら決めたので 今回は。
でも、一番下の黄色い三角面と、文字構成の位置関係はなかなかうまくハマったのでは・・・と思ってる。

マァーこの辺は、
完全に構図感覚の範囲になってくると思うので・・・ぼくの意見はあてにならないと思ってください・・・笑




書き出して完成~。


文字入りの完成画像。

birth.jpg


で~き~た~。






な 長くなったね!
7段階に絞ったんですけれど・・・

4番目の加工とかは大体どの絵でも数値とか効果変えたり、
強めにかけたい時は2重3重とかかけたりして 結構やる方法ですね・・・ 
今回は部分的につかったけど、ガウス処理はいつも完成した絵にまったく同じ絵をガウスかけてオーバーレイしたり、
フォトショップ偉大です。


こんなですが~何かのお役に立てば~。
最後まで読んだ方お疲れ様でした。
お粗末です~。



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uro6unicolor.blog77.fc2.com/tb.php/175-a3b0082c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。